自動高温監視装置 スキャナーボックス scanner-box

¥24,800(税別)

自動高温監視装置 スキャナーボックス scanner-box
自動的に体表面温度を測定し、高温を感知すると警報を出します

人間用の非接触体温計を世界で最初に開発したイタリアのテクニメッド社製の製品
おでこを近づけると自動的に温度測定して高温を判定
壁掛けで設置できるほか、スタンドとのセット販売もご用意
イタリア製:CEマーク取得済み

販売価格
¥24,800(税別)

数量

在庫 : 有り(銀行振込のみとなります)

イタリアのテクニメッド社製

2000年に世界で最初に人間用の非接触体温計を開発したテクニメッド社の製品です。医療用に発展させた病院向けモデルの非接触体温計の技術を用いて、自動で体表面温度を測定して高温判定するユニットを開発しました。

37.5℃以上の場合に警報機能

温度測定した人が37.5℃以上であることを検知すると、画面の色と音で警報を発します。
また、オプションとして、警報機能をドアのロックシステムと接続することで、高温検知時に自動でドアをロックすることが可能です。
(判定基準値は37.0℃・37.5℃・38.0℃の3つから設定で選べます)

環境や測り方に左右されない温度測定技術

赤外線センサーを用いた非接触式の温度測定は、周囲の気温や測定距離によって大きく影響を受けます。
本製品は、自動で周囲の気温を検知して補正し、設置場所や季節に左右されない高精度な測定が可能です。
また、測定者が10cmの距離に近づいたのを感知して自動で測定することで、常に安定した測定を行なうことが可能です。

周りに結果を知られないプライバシー設計

測定者本人のみに測定結果が見えるデザインになっており、さらに設定で温度を表示せず判定結果のみを示すプライバシーモードも選択出来ます。


大口でのご注文やお見積りが必要な場合など、製品に関するご質問等があれば、お気軽にお問い合わせください。
追って担当者よりご連絡申し上げます。また回答にはお時間を要する場合もございますのでご了承くださいませ。​

お問い合わせ

測温範囲

34.0~43.0℃

測定距離

10 cm

動作環境

-10.0℃~+45.0℃
(推奨範囲:16.0~40.0℃)

測定誤差

±0.3℃

電源

3.7V LiPo充電式バッテリー内蔵

充電方式

microUSB端子(5V)
(製品にケーブル付属・連続使用可)

充電時間

約6時間で満充電

バッテリー稼働時間

5~10日(使用状況によって変化します)

寸法

幅80×高さ100×奥行45.5 (cm)

重量

103 g

測定距離

10 cm

型番動画


自動高温監視装置 スキャナーボックス scanner-box

資料ダウンロード