FAQ(購入前)

動物用ビジオフォーカスでは、体表面温度の実測値に対し、直腸測定体温と同等となるような補正をかけて体温として表示しますが、直腸温度と体表面温度の差は動物の種類や体サイズなどによって異なるため、犬と猫、大型犬と小型犬に対して同じ補正値を用いることはできません。
ビジオフォーカスAnimalは、この補正値を1つだけ本体に記憶させることができるので、特定の動物のみを測定する方(ペットの飼い主、牧場経営者)におすすめです。
ビジオフォーカスVETは、専用のスマホアプリを使って補正値を同時に3種類まで記憶させることができるため、不特定多数の動物を診る方(動物病院、獣医)におすすめです。

工場出荷時の状態(補正値0.0)で測定した場合、およそ1~1.5℃、ビジオフォーカスによる測定値が低くなることがあるようです。この温度差は動物の種類や体サイズによって異なるため、あらかじめ、対象の動物が健康な時に測定して測定値を直腸体温の平熱と比較し、その差を手動で入力していただいたうえで、その後の測定に用いるのが想定されている使用方法です。

ビジオフォーカスのガイドライトはLEDであり、EN 62471に準拠した安全なライトですので、目に直接投射しても問題ありません。

動物の種類や性格にもよりますが、目からの測定を嫌がることもあるようです。その場合は、肛門、耳、歯茎など、毛の生えていない部位からの測定が可能です。
ただし、その場合は事前に補正値の設定を変更していただく必要があります。

犬や猫以外の動物からの体温測定も可能です。ただし、小型の動物では目が小さく、目からの測定が困難になりますので、その場合は毛の生えていない他の部位からの測定が可能です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。